MEMBER DIARYそのねずみ

re-wind2009

NEZUMI.2jpg.jpg
re-サイトベース影2.jpg

そのねずみ? さんの そのむかしばなし

mixiで綴られている そのねずみ?さんの 思い出話。

wsf0112.jpg

  • 1980年初頭のウインド業界を知る 生字引の そのねずみさん? の話は
  • 懐かしい香がいっぱいです。
  • そのねずみさん? の了解を得て ここに転載させていただきました。

  ●下記のバーをクリックすることで 次の話題に進めます。

     注./写真は本文とは関係がありません。

今、昔を思い出す! 

  • 0077.jpgまえがき
    今日、ただっチャンのホームページre_に1人コンタクトをとってきたようです。
  •  その人は・・・なんと25年前より一緒にウインドをしていて、10数年前から連絡も途絶えていた人でした。
  •  彼は、尼崎のアル、ウインドショップでスクールの先生をしており、一度スクールに行ったのですが、 なんと! 自分が乗るのに一生懸命で、シートの結び方を習ったのみでした。
  •  で、むかついて毎日毎日仕事が終わってから、香枦園浜(甲子園の隣で芦屋の横)に通いました。で、1ヶ月ほどで結構追いついて、そこそこ乗れるようになり台風が来たときなんかは、カレと一緒に、浜にヘッドライトをつけた車を4~5台止めてナイトセーリングをpm10:00ぐらいまでしたり、普通のサンデーセーラーの3~4倍の速度で上達して行ったのを覚えてます!
  • 越前海岸に行ったときなんかは、マストオーバーのうねりの中ロングボードで漁港より出て行き、行きは良い良い帰りは死にかけ等、(ハイウインドが出たときぐらいで、やるしかない状態、教則本が無い時代) 何も分らず大変なウインドをしてました。
  •  そんな中、始めて3ヶ月ぐらいでウエーブの面白さを知り(まだウエーブボードは無かったが、ピーターカブリナが220のサーフボードで乗ってるのを見て)自分で削って(奈良のシェーパーにテンプレートを貰い)乗ってました。何せ25年分の事件があり、またゆっくり思い出して、書いていきます。今日はこの辺で・・・・・また。
  • (質問があれば、受付ますよ!)

WSF昔話,ねずみさんの・はなさんかじいさん!

  • D2H_2953.JPG 大昔から順を追って思い出しながら書こうかなぁ?と思ってたのですが、 少しだけリクエストがありましたので、まずはこれから・・・
  •  特別番外編 :越前海岸遭難事件 サブタイトル:今はやりの「想定GAYでしたゎ?」 ソレは、まだロングボード(385・セミラウンドボトム・スィングダガー仕様/セール6.5㎡・ブーム275 総重量20Kgちょい) を乗り始め3ヶ月程たった11月のある日、簡単な話から始まった・・・
  • ねずみ:「最近、寒なってきたなぁ?!」
  • Kuさん:「そやっ!カニ食いに行ってウインドしよか?」
  • 5人ぐらい:えーなぁ!行こ行こ!
  • で、ソノ週の土日で行くことに決まった。
  •  車はグロリアのワゴンにボード3台リグ一式! 間違いなく80kgはある。もう一台はジムニー!これにボード2台!で出発! 目標はもちろん、越前ガニだ!・・・・
  •  越前海岸そこは、断崖絶壁の岩だらけの場所で観光道路が海面から10m~15mぐらい のところに有り、車が行き来しているのだが時折、波しぶきがかかっている。
  •   そんなところからウインドサーフィンが出て行けるわけも無い。 しかし、探した!そこは小さな漁港で、少し入り込んでいて波静か! 「やったー、ここから出廷できるぞ」・・・(単なる馬鹿である。)
  •  来るまでに見ていた10mにも及ぶ波しぶきも忘れ、単に目の前の 少しうねった海面しか見えてない。Kuさんは何を思ったか スペシャルセールの4.5㎡をはりトロトロと出て行った。
  •   皆も順番に出て行った。
  •  漁港から出て行くと、んっなんか違う? 少し前に走っているやつの姿が見えない。
  •  えっ!次の瞬間 全員ソレより遥か向こうまで見渡せる。そうです、そこには マストオーバーのうねりがありました。
  • ふと見ると、一人がパドリングしている!マストが折れたらしい?! ビジュアルさんである。 Kuさんが見えない!これが予想外!! セールサイズが小さいのと断崖絶壁で風が上に吹き上がり 風が入らない。ドンドン岩場のほうに近づいていく!・・・ よく見ると手招きをしているように見えたので近づいてみると なんと!
  • 「風が無いから来たらアカン!」と言っていたらしい?! そんな事言っても、もう来てしまっている!!
  •  先に戻ったビジュアルさんらが漁師の人にレスキューを求めたらしいが 「こんな日に船を出す人はおらん!」と断られていたらしい。
  •  で、どうやって戻ろう?岩場まで10mぐらいに近づいてきたそのとき [神さんはいますよ!]そこには、なんと 仕掛けか地引網?のロープが 有り、がむしゃらにボードを引っ張り沖へ出て行き何とか風の入るポイントより 漁港に戻ることができて、夜にはうま~いカニを食うことが出来ました。 次の日も三国海岸で乗っていたように思います。 しかし、今思い出しても ゾクッ!としますわ!

きっかけは、・・・〇〇?!

  • DSC_8992.JPG[ 知り合いがWSFプロショップをやっていた!]
  •  しかし、別に興味も無く 誘いをずっと断り続けていた。
  •  そんなある日、本業関係の楽器屋さんの方に誘われて、断りきれず参加することにした。 スクールの条件は、すごくよくて1泊2日・スクールつきで¥5,000ポッキリ。 結婚して1ヶ月目ぐらいに1人で参加! まだ子供は居なかったが、 今から思えば、母子家庭への第一歩だったかもしれない?・・・
  •  で、スクールは琵琶湖西岸・蓬莱浜、コテージに泊まりBBQ! ボードは、あのサファー艇でこれも、ココで乗ったのが最初で最後でした。 次の日の朝、セットの仕方を教わり、ボードのみに乗ってバランスをとる練習・・・?
  •  「100回ほど沈すれば上手くなる!」とか言われてたが、 (内心 100回も沈すれば体力が無くなって、乗れるわけ無いやろ!) とか思いながら・・・ 昼からセールを付けてセーリング, で、なんとすぐに沖に行ってタックして帰ってこれた。
  •  簡単だった!。あまり はまらない のが ハマル きっかけになった! これは、はなまるだ!?  v( ̄ー ̄?) 実は、ソレを見越していて 知り合いのWSFショップのヤツも一緒にスクールを受けに来ていた。 (すでにそこの先生以上に乗れるのだが・・・) そのカレが「おっ!うまいもんやなぁ、おもろいやろ!これもって帰っとき!」 と言って、ローン用紙を渡された。
  •  後で聞いた話によると、よそのショップに取られるのがイヤで、一緒に着いて来ていたらしい?・・・。 言うまでも無く、筋肉痛の体を引きずりながら 次の日に申し込んでしまった・・・・・。 いろんな意味で、大変な日が始まりだした!・・・・・。
  • つづく

練習ゲレンデ 香枦園浜///

  • D2H_1326.JPGウインドサーフィンに乗りたい!
  •  ソノ気持ちは人一倍強かった。
  •   スクールに行った次の週、ビジュアルさんを誘って 「尼」に有ったショップに行った!ニューボードを積みスクールの先生と一緒に、一路 香枦園浜へ・・・!
  • (ココの浜は今でこそ、甲子園浜とつながり水の流れが有るが、当時水の流れは無かった・・・
  •  横にあった釣堀の水が すごく綺麗に見えた!何度かうがいもしていた?!) 小さな漁港もあり、水がよどんでいる。
  •  でも綺麗な広い砂浜もしっかりある。
  •   芦屋の横ぐらいにありナカナカ綺麗な景色だ!。 だが、・・・ 水があまりにも汚い!足からハマルと膝位まで へどろ! 頭から落ちたらひとたまりも無い! 風に流されると、ごみの吹き溜まりの中に一目散!! ココで練習すると、すぐに皆上手くなると言う?。
  • ・・・なぜ?・・・ソレはこんなところに ハマリたいヤツなんか居ないからだ!
  •   で、そんなところにスクールの先生は、生徒をほったらかしにして自分だけ楽しそうに乗っている。そう、Tちゃんだ!
  •  前にも書いたが、辛うじてシートの結び方は学んだが そんなことで思うように乗れるわけも無かった。 が、ハマルのを我慢したおかげか1月ほどで、 何とか思うように乗れるようになる!
  •  夏のある日、ショップの人と皆で水晶浜に行った。 着いて来いと言われ、浜からず~と沖まで約1Km以上走ったかなぁ?! フッと気がつくと帰る場所が分らない、先生はまだ沖に向いて走ってる?! 手がパンパンになってきて、ついにセールを落とした。
  •  このとき初めて気がついた。ハーネスの使い方が分らん?!という事を・・・(≧≦) とりあえず、体育会系?! 
  • 「体で覚える」の始まりだった。
  • つづく

ある台風の日 その、1

  • DSC_5076.jpgロングボード・・・380㎝ 
  •  ソレは今から思うとかなりデイ!
  • 今、琵琶湖で普通に乗っているのが225㎝だから! これは、もしかして右足と左足にひとつずつ付けて乗れるかも・・・? ヤバイ! 
  • ---
  •  話が違う方向を向いてきた。(・・∂) で、ある日台風の風が入ってきた!平日に乗りに行ける訳が無い! と思うのは、素人である?・・・そんなことではあきらめられない!
  •  当時大阪で働いており、香枦園までは1時間とかからないので pm5時より走ることにした。乗り始めて1ヶ月過ぎ位で、皆を誘って5~6人ほど集まったように思うが、 やはり大人?の人は、乗らずに見学していた。 でも4~5人は強風でキンキンになって乗っていた、 オフショアーの海で!!!?
  •  そこは、漁船などの水路になっていて浜から奥に2~30m、左右には250mほどは あったが、水路の向かい側の壁にへばり付く者や、ごみダメに吸い込まれるものや もちろん、ひっくり返れば ヘドロ怪獣に変身?の世界! 思い描くウインドサーフィンの世界とは程遠い光景でもあった。
  •  さすがに夏とはいえ8時ごろになると結構暗くなり、ナイターの準備に取り掛かった。
  •  海と平行に5m間隔で1台ずつヘッドライトを付けた車を6台配備! 完璧だ!
  • ・・・これでフラフラになるpm10時ぐらいまで乗ってたのである。
  • もちろん、この中にシートの結び方だけしか教えてくれなかった先生のTちゃんも居た。 (余談になるが彼は、ナイトセーリングが得意で 夜に乗ってるとき、漁船のおっさんに「電気も点いてへんし危ないやろ!」って怒られていた。
  • ・・・が、すかさず車に戻り懐中電灯をベストハーネスの 首の部分にさして、セールを照らし「これで怒られへんやろ!」とか言ってまた乗り始めている。
  • やっぱり先生のすることは 筋が通ってる?!と思った。)?(゚_。)?(。_゚)? 台風物語・・・その、1 でしかない?。
  • つづく

昔の甲子園浜?・・・

  • 0047.jpgロングボードはとにかく重い!
  • でも、当時では普通である 380cmで20Kgスイングダガーでセールは特注6.5仕様だ! 何故コレなん?・・・サーファー艇には負けたくないからだ!
  • 一般的にはサーファー艇しかなかった、だからコレで勝つ と言うことは、TOPに成れるという事になる。
  • で、練習場所も、香枦園浜から甲子園浜にかわった。 ココは、学連の聖域?で毎日雨が降ろうが槍が降ろうが・・・? (突っ込まれそうなので 先に、すんません、槍は降りません) すごい人数が練習に出ていた。
  • オリンピックの強化合宿などもあり かなり気合が入っていた。どんなに吹こうが、ソレもノーハーネスで!
  • そんな中、ウインドシャトル軍団は「ノー天気」だった。
  • 何故なら、スィングダガーの使い方を知らないのである。
  • 唯一の使用方法は、全速力で浜に向かって戻り、砂浜にどれだけ上まで乗り上げられるかを競っていた。 
  • べんりなボードである?。
  • ただフィンがすぐ折れる(あたりまえ!)で、「こんなプラスチックやから折れるんや」と思い、知り合いに頼んでモトクロスバイクのブレーキレバー等を作ってるところに頼んで、なんと 鋳物 でフィンを作ったが、ショップの人に 「ソレやったらフィンは折れへんけど、ボード折れるデ~?!」 とか言われ、数回使ったが、断念することにした。
  • この遊び?は、サーファー艇では走りながらダガーを抜かないといけないのでかなり失速するから、迫力がないので面白くない?。 それと、この甲子園浜がレースのメッカ?に成ってたのも理由がある。
  • ソレは、草?レースが盛んだったことだ!腕に覚えのある やつらがゴロゴロしている!そこで声を掛ける! 「ハーイ!今からレースしますよー!」ってコレだけで その辺の知らないやつらまで10名ほどはすぐ集まってくる。
  • コースはその都度決める!今日は・・・ 「あそこのタンカーを回って、つぎあの灯台で、もうひとつ あの、貨物船回って浜に戻る」って感じ!
  • 別に商品などは無い。有るのは「どうでもよい名誉だけ!」それだけ!!
  • で、じつに見やすい大きなマークだ!!! しかし問題がある ソレは、競っているときマークに近づきすぎて、ブランケットに入り 「沈」して動けなくなりボードを引っ張って脱出をしないといけない事だ。
  • それと、もうひとつ、フェリーなどの大型船が頻繁に航行している。 そんな大きな、動く障害物を避けながらレースをする。 かなり危ない・・・が、ココでは普通のことだった。
  • ある意味これも、命がけ?! 皆、上手くもなるし、ずるくもなる・・・・・?。
  • つづく

ず~と、甲子園浜!

  • 0059b.jpgとりあえず、風があろうが無かろうが動くようなら 毎週皆で、甲子園浜に通っていた。
  • ボードもいろんなものが出だしていて、例えば・・・ ポルシェデザイン等はかなりのブランド物で欲しかったひとつだ!
  • そんなある日、南西のオンでプカプカと沖で乗ってると、急に浜から 「きゃ~!、わぁ~~!」とすごい騒ぎ声が聞こえ、次の瞬間 砂嵐状態で、あわてて沈して沖を見ると、30艇ほど出ていた ヨットが順にパタパタパタと倒れて言った!
  • すごいオフショアーの風が吹いたのだ!
  •  実はコレが甲子園名物「六甲降し!」だった!水に入って必死でボードを押さえていてが、頭の中は何が起こったか分らずパニクッていた。
  • そんなこんなで又来週とか言いながら通っていると、そのうち 雪が降る季節になっていた。 (たぶん、間が開いていたら乗っていなかったと思う)
  • 両面ジャージのサーフウエットではかなり寒い! (ソレも腕がきつく、半袖に切ってしまっている)  で、上からウインドブレーカ、手には炊事用手袋! 格好などかまってられない?!それでも寒い!・・・
  • そんな時、Tちゃんが新しいものを発明した!
  • ソレは、パンストを足と股とを切って首からかぶるのだ! これが、意外と暖かい! (ウエットの下に着る、一度、お試しを?・・・) コレと、おおきな缶にお湯を沸かして、手がしびれたら 漬けては、回復させて乗っていた。
  • ジャンプがしたかったが結構無理があった、後ろに フットストラップを付けてはいたが・・・? 思いっきり引っ張り上げると、ネジごと取れたり・・・ そんなとき、沖で初めて本物ジャンプを見た! それは、間違いなくショートボードだ!
  • (と言っても3m程はある)
  • ハワイで買ってきたのだろう?! 関東のMさんらしい!・・・
  • むかついた!
  • 負けていられない!
  • すぐ知り合いのサーフメーカーに頼んで、クラークフォームを取ってもらった! もちろんウインド用だ!
  • 昔のHi-windにはボードの作り方が載っていた! これで、作ることにした。(単純なので作れる気がした!)
  • もちろんテンプレートはサーフ屋さんにもらった。 (たぶん、コレが無かったら載れる形は難しかったのでは・・・) サイズ275X56 ラスタカラーで センターにWave’erと入れた 形状は、テーパーレイル・フラットボトム・リアはVアウト少しキックテイル テールはミニスワロー! 当時としては画期的!
  •  大成功!!だったが・・・
  • 普通の住宅で作ると、?そこまで出来るまでに・・
  • 次々と タ イ ヘ ン な 出来事が!・・・
  • つづく

強敵現る!

  • DSC_9006.JPGボード製作より少し話は戻りますが・・・
  • 甲子園浜でかなりレースに馴染んで来たある日、すごいヤツが現れた! ソレは、マウイグランプリ帰りのYHだ!
  • コレは強敵! 何せ、あのHi-WIND創刊号の写真のような場所で (昔、マウイでレースをしていた?!) レースに出ていたと言うのを聞いた。
  • 何とか勝ちたい!・・・・・
  • それから数日後、尼のショップ主催の草レースが有り そこで、対戦することが出来た。
  • なんと、ここでも簡単に勝つことが出来たか?・・・・・
  • いい勝負やったか?思い出せない、
  • 何せ25年ほど昔話だから。 でも、好成績! ねずみさんは体重が軽かった!たぶん、このとき57Kgぐらいだったかなぁ? だから、微風のレースでは負ける気がしなかった!
  • 今でこそ、その理由は分るが当時は「オレってできるやん?!」 とか思ってしまっていた。(^-^;) 単純なヤツだ!
  •  んっ? あとは「道具でカバーする」と言う日本人的発想だけ!
  • コレで[常勝間違いなし]と真剣に考えていた。(大きな勘違いだ!) そこからレースに入っていった。次に勝つためにはもっと早いボード が必要だったので知り合いのボードをレースのときだけ借りることにした。
  • ソノボードとは、あのロビーさんが下田のレースで一番最後から出艇して 一番最初に戻ってきたと言う幻?のボード!「ミストラルのM-1」と言う 中空ボード(外側のプラスチックと少量の骨組みだけで中は空っぽ)の ラウンドボトムだった。
  • 大きな丸太を縦に切り、半分を浮かべたような形をしている。
  • 確かにロビーさんは上手いが、コレに乗れば ねずみさんも無敵だった! これは、早い!。
  •  軽い! まちがいない! 勝てる!。
  • 確かに早かったが、問題も・・・ ある草レースが終わり浜に帰ってきて、ボードを頭に載せて運ぼうとした瞬間 後ろに、ドカ~ンとバックドロップをしてしまった。
  • 連戦の衝撃で何処かから水が何リッターも入ってしまっていたのだった。
  • (頭に載せて持ち上げたとたん、後ろにザ~ッと水が移動して・・・・・。) 水抜きのドレンコックが付いていてソレで抜けるので問題は解決!・・・ と思ったが何処から入ってくるのか分らない!とりあえず浜に上がったら 水抜きをすることにした。(全部に入れば浸水する事は考えずに・・・?!) 問題は、そんな単純なことではなかった・・・・・
  • つづく

240HOME-INFO S.jpg
240GALLERY S.jpg
240VIDEO-G-L.jpg
240BBS S.jpg
240MEMBER S.jpg
240ITO S.jpg
240DOWNLOAD.jpg
240WEATHER-IOFO S.jpg
LINK SS.jpg
240PROFILE. S.jpg
240SITE-MAP S.jpg
re-サイトベース影2.jpg