re-新海WATER PHOTO

re-wind2009

RE-WATER-PHOTO-2.jpg

reバーW-Lc.jpgreバーW-Rc.jpg
re-サイトベース影2.jpg

GR.jpg

BIWAKO 新海浜 WATER PHOTO

琵琶湖 新海浜でのWIND撮影

●撮影ポイント

  • ウォーターショット02.jpgクリックで拡大します。湖岸からの撮影と合わせて、
  • 新海浜特有の遠浅を利用して ウォーターショット(水面撮影)をしています。
  • 湖岸からの撮影は 南端 ウインドSHOPハネリさんから ウインドSHOPパイレーツハーバーの間にかけて
  • ウォーターショットは ハネリ沖合20~40m付近 波と水深により多少前後します。
  • 通常 新海では北西から北寄りの風でウインドが楽しめますから ほぼ 湖岸に対してやや左クロスオンから平行にプレーニングできます。
  • よって 下記の図に示したようなライン取りで入ってもらうと 迫力のあるフォトが撮れます。

●注意

  • D2H_7832.JPGカメラマンも自己責任の上で撮影しますが ウインドサーファーも各自自己責任の上でアタックしてください。衝突による怪我や 道具の破損については一切責任を負えません。
  • ある程度の技量(風速の強弱にかかわらずボードを完全にコントロールできること・また波の性質を熟知していること)を有することと カメラマンとの意思疎通ができない方はご遠慮ください。
  • また 夕刻時間帯は強い西日により湖面が反射してカメラ位置を見失いやすいです。
  • 衝突には十分気を付けてください。

●撮影に際して

  • D2H_6925.JPG初めて撮影に参加される方は特に意思表示をはっきりさせてください。
  •  撮ってもらいたいと思う方は 事前にセール等特徴をお知らせいただき 積極的にアプローチしてください。
  • そしてカメラマンにできるだけ接近してパフォーマンスをしてください。
  • 広角レンズを使用する関係で およそ5m以内でないと撮影しません。
  • 遠慮した位置でのパフォーマンスはいくら技術があってもフォトとしての迫力が欠けてしまいますので。
  • また カメラ位置周辺での休憩はさけ 沈した場合も速やかにその場から退避してください。次に接近してくるサーフ
  • ァーのためにスペースを空けましょう。 

●具体的なアプローチ

  • re-wind-shinkai02.jpg
  • 1.アウトサイドからインへ
  • 波に合わせてバックサイドでカメラの前を通過。

  • re-wind-shinkai01.jpg
  • 2.アウトサイドからインへ
  • カメラをマークにしてジャイブ。
  • この時 カメラの外側でジャイブは避けてください 被写体が遠くなりやすいことと スプレーで絵になりにくい
  • です。

  • re-wind-shinkai03.jpg
  • 3.インからアウトへ
  • カメラの手前の波を利用してジャンプ。
  • 空中で風にあおられ無いようコントロールに注意してね。

  • re-wind-shinkai04.jpg
  • 4.インからアウトへ
  • 3.同様ですが カメラ位置を過ぎた波でのジャンプ。
  • 可能な限りひきつけてください。

  • re-wind-shinkai05.jpg
  • 5.右ターンジャイブ。
  • インサイドでは無理がありますが 可能ならトライしてください。

● お願い

  • 撮影したDATAは撮影者に帰属するものとします。
  • 撮影費用等は申し受けませんが このサイトで公開されることがあることをご了解ください。
  • なお 必要な写真データがあれば実費にてお分けすることができます。 商用利用時は個別に対応させていただきます
  • のてお問い合わせください。

※吹きあがるまでは 旧RADさん付近でたむろしてますのでお気軽にお声掛けください。


_D2H0474.jpg


D2H_9136.JPG


D2H_1424.JPG